Menu

チェンジ

INTRODUCTION

バーチャルリアリティーをモチーフにした異色作

1990年初演のコメディーミュージカルで、結婚五年目の夫婦を描いた現代版『青い鳥』。
2DKマンションで暮らす日常に不満を抱いていた主人公・今日子がバーチャルリアリティーで作られたパラレルな世界へと足を踏み入れることから物語は始まる。事業の成功や部下の会社乗っ取り、親友による夫略奪といった出来事に振り回されながらも、やがて大切なものに気づいていく今日子の姿を通して、現実とは一体何なのかを問いかけ、ひとつの確信へと導いていく。音楽座ミュージカルの中では異色作と評されたが、まさに現代を先取りした作品。

story

2DKマンションで暮らす今日子とアキラ。最近は口論が耐えず、同窓会の日も口げんかから、思わず「離婚、独立」などと口走ってしまう。気分転換に美容室に寄って出かけた同窓会だったが、キャリアウーマンの島田ルミをはじめ、順風満帆に生きる友人たちの姿に焦りを感じる今日子。つい見栄をはってついたウソのため窮地に立った今日子は、いつの間にか別の世界に足を踏み込んでしまう。この世界では下着メーカーの社長として生きる今日子。一方、島田ルミは彼女の秘書をしていた。豪邸暮らしのうえに夫はテレビの人気ニュースキャスターで憧れの落合健一。さらに今日子はこの世になかった「ブラジャー」を発明して実業家としても大成功する。何もかもが思い通りにいく世界。そんな中で今日子は、なぜかアキラとの暮らしが懐かしく思えてくるのだった。

voice

とにかく、おもしろかった。最後には、心がポッと温かくなったような、気持ちになって……。この公演を観るのは今日だけですが、何回も観たい、というのが本当の気持ちです。

「チェンジ」を初めて観たのは、本多劇場公演の時でした。その頃付きあいはじめたばかりの彼女と一緒に、笑い転げながら観たのを覚えています。その後、彼女と結婚について語りあう機会が増え、いつしか二人とも結婚生活をリアルに考えるようになり、今年3月に挙式。今まさに、家賃12万円のアパートで暮らしています。

最初っから笑いっぱなしで、本当におもしろかった。一人ひとりが個性的な役で、輝いていました。ラストは涙々で、観おわった後も、あったかい何かが残っています。

音楽座メイト募集

音楽座メイト入会はこちら